オンデマンドバスが堺市や柏市、福知山や金沢で運行

スポンサードリンク

オンデマンドバスが堺市や柏市、福知山や金沢で運行されています。ところで、オンデマンドの意味とは?何でしょうか?  

オンデマンドとは、どいうことでしょうか? これは、デマンド(要求、希望)に応じて、という意味で使われているようです。使い方としては、「ビデオ・オン・デマンド」「ゲームオンデマンド」「オンデマンド印刷」「オンデマンドバス」などです。

ですから、オンデマンドバスとは、事前予約方式のバスという意味合いで利用されています。つまり、これまでの路線バスでは、決められた時刻表に応じて、その時間にバス停で待っていれば、その目的のバスに乗車できますが、このオンデマンドバスでは、決まった時間に来る路線バスとは全く違い、自分の都合に合わせてバスを予約して運行してもらうのです。

これにより、過疎地などでの不採算路線のバスが、利用者のニーズに対応する交通移動手段として生き返ります。


デマンドバスの予約方法とルートとオンデマンドタクシー

オンデマンド運行は、一部の地域でしか運行されておりませんが、交通弱者にとっては、かなり喜ばれているようです。2000年の高知県中村市で導入され注目を浴びてから、IT関連もかなり進歩したこともあり、デマンドバスの予約システムの開発も進み、導入する自治体も増えてきたといわれています。

予約方法は、電話やインターネットで申込みますが、もちろん各地域で運行時間等の制限はあります。通常電話などのオペレーターが対応していますので、詳しくは確認できますが、事前におよそのルートと運行時間ぐらいは調べておきましょう。

さすがに、いつでも、どこでも行けるわけではありません。だって、もともとは路線バスですからね。

しかし、このデマンドバスがもっともっと活用される状況なれば、CO2削減効果も期待できて、地球温暖化防止と交通渋滞緩和にもつながるのではないでしょうか?

オンデマンドバスを理解できると、「ビデオ・オン・デマンド」「ゲームオンデマンド」「オンデマンド印刷」などオンデマンドに関することの理解も深まりますので、いろいろと情報収集して下さい。

そう、そう、過疎地ではオンデマンドタクシーも増えているようです。通常よりも安くタクシー利用できると思いますので、うまく活用して下さいね。

スポンサードリンク